ED治療薬シアリスの特徴と効果



シアリスとは

 

 

シアリスとはED治療薬として3番目に登場した薬です。EDはErectile Dysfunctionの略で勃起不全となる男性の性機能障害のことで、勃起機能障害や勃起障害とも呼ばれる症状のことで、陰茎の勃起ができなかったり、維持の困難等によって性交が満足に行えない状態となってしまうものです。

 

EDで悩んでいる人は先進国に多いようで男性人口の10%を占めるといわれており、それは加齢に伴って増加する傾向で、日本国内でも40~50代ともなると男性の半数程度がEDで悩んでいるという報告例もある程です。

 

この原因としては、糖尿病、うつ病、高血圧等の治療薬が影響しているともいわれ、EDを原因とするセックスレス夫婦もいるわけですが、このEDをあまり公言されずに悩んでしまうパートナーも多いようです。

 

こんなEDを改善する治療薬として登場したのが、クエン酸シルデナフィルを原料とするバイアグラやヒドロキシホモシルデナフィルを原料とするレビトラでした。中でもバイアグラは有名ですが、これはファイザーが製造、販売するシルデナフィルの商標名です。

 

シアリスはそれに続く3番目の治療薬で、米国Eli Lilly社とICOS社が共同出資したLilly ICOSという会社から2003年に発売されたものです。日本では製造販売を2007年に認可され、医療機関向けとして販売が開始されました。

 

シアリスの長所としては、食事の有無に制限されず服用できることや、バイアグラなどと比較すると服用後に長時間の勃起機能改善効果が認められることで、最近になって注目を集めているのです。